上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッパリ!

著:上大岡トメ

遂に買ってしまいましたよ・・(笑)古本屋で売っていたからっ!「しろのあお」もあったんですけどねー。お金が足りなかったので、また今度。(・・あればの話)
でも、すごく好きなんですよねー。毎日読んでいたらいつか実戦できそうな気がする・・・!!(・・・・毎日読む前に、覚えそうだ・・)
こういう自己啓発本大好きー(笑)完璧主義者ってわけじゃないけど、失敗するの嫌いだから、その前に対策しておかないとすっごい落ち込むから。・・・予防策?(ぇ
しろのあおはフィクションらしいけど、すごいリアルなような・・・(笑)「あぁー、わかるわかる」っておまえ、おばさんかっ(苦笑)
とりあえず、今日は買えて満足です(笑)
スポンサーサイト

舞台祭の衣装、上から下までしめて3000円以内!がんばってきましたよ~(笑)
ってなわけで、明日はその衣装で町内を闊歩し、練習場まで向かいたいと思います・・・って、できるかなぁ・・・(ヲィ)
さすがに、島ゾウリは痛いと思うんだよなぁ・・・。(足的にも、精神的にも)
・・・ごめん、やっぱり 無 理 。(当然)

そういえば、志望動機のときに人ってやっぱり考えが違うんだなぁっていうのに気付きました。
・・・・個人的に「斎藤孝」さんの本好きなんですよ。その人の本に「物語性の強いものを好む」ってあって、歴史なんかはものすごく当てはまるじゃないですか。ドラマも物語性があるから、売れるんであって・・・とか考えてて、それを書いたら、先生のボツをくらい「今の子達は逆に、わかりやすいものを好むんじゃない?」と諭されてしまいました。・・・あぁ、確かに。
そう考えると、現代人は何を好むんだろうって少し考え込んで(・・そうする前に志望理由書書けという話しです)。
人の考えって違うなぁ、っていう結論にたどり着きました(ずれている)
っていうか、うん。
私は筆無精なんですよ。メールとか手紙とか1往復で満足しちゃうタイプ。だから、週に1回、メールを一往復しちゃえば満足。
たまに、メール書くのもなんだかなぁって思って、ワンギリですませちゃうんですよ。
基本的に、メールは返信しない人なんで、なんかなぁ・・・。って。電話も10分あれば事足りるし。
一度、クラスメートからメールきて、当然一往復するもんだと思って「明日ねー」って最後に返したら、翌日に「ショックだったー」って言われて、個人的に「え、メールってあれで終わりじゃないの?」って思っちゃって。
なんか、現代人としてダメすぎないか・・・自分(苦笑)
ありのBLOG見たら、メールのこと載っていたんで、↑の奴思い出しちゃって。
・・・でも、メールで怖いのって相手が何をしているかわからないのだと思うんですよね。
買い物とか行ってる最中に来て、延々とメールのやりとりが続くってなんだか嫌だなって思って・・・。買い物させてよ!って感じで。
・・・・現代人はそういうことは無いのかな?(気が短いだけ?)
うわ、なんかすごい現代機器に対応できてない現代人だ(苦笑)

ちょっと、相手に失礼な発言なんですけど、メールって相手に時間を取られているような気がして、ちょっとなぁって思うんですよね。一緒に話すのは構わないんですよ。それは時間を共有しているわけだし。ただ、メールとなると、相手に時間を取られているような感じがするんですよねぇ。・・・・ちょっとどころじゃなく失礼な見解ですね・・・。ごめんよ。ひねくれた思考で

空中ブランコ

著:奥田英朗

時代は現代。舞台は日本。短編集です。短編集ですが、全体を通してある精神科医と看護婦さんがでてきます。とっても、イイカンジなキャラなんですよ・・・!!(笑)
この「空中ブランコ」で直木賞を受賞していますよね。前に、特別ドラマがあったから見たことがあるっていう人もいるかも・・・。妹はそれではまったクチで、妹に勧められて読みましたし(笑)
っていうか、この話。「イン・ザ・プール」の続編みたいな感じ・・・なのかな?この精神科医が活躍(?)する話しみたいですし・・・。っていうか、またかよ。自分。前回の宮部みゆきといい・・・。そういう本を読んでしまうんでしょうねぇ・・・。今度、探そう(苦笑/図書館にあれば)
個人的評価:★★★★☆

世界遺産・勝連城主 ってなわけで最近有名になっていると思いますが・・・(ってか、絶対なってるよ・・・。だって、今まで阿麻和利って検索かけてもそんなにたくさん出てこなかったもん・・・/苦笑)

尚泰久王時代に活躍した阿麻和利。
生まれは北谷間切りの農民。幼名は加那(沖縄では一般的な名前だったそうです。太郎みたいな感じ?)
屋良城主大川按司と間切り農民の娘との間に出来た子ではないかと言われています。
屋良城崖下のガマに捨てられ栄養失調のため、7歳。あるいは11歳まで歩くことができなかったが、ある時蜘蛛をみて投網をつくりだし百姓に魚を分け与えたと伝えられています。
モーアシビー(今でいう合コンみたいなの)を広めたのもこの人だと言われています。

阿麻和利は百姓仕事、日雇い、業府、船乗り、倭寇(苦笑)をした後に勝連城主モチヅキの馬の草刈りになったと言われています。
モチヅキ(勝連城主)の重臣(屋慶名赤/ヤケナアカー)に擁立されてクーデターを起こしました。まぁ、モチヅキの悪政に耐えかねて、宴にモチヅキを城壁から突き落としたっていうのが、勝連城奪取ストーリーなんですが・・・。

・・・・なんていうか、恩を仇で返したっぽいのがあるのは気のせいでしょうか・・・(ヲィ)

しかし、阿麻和利はおもろでしきりに絶賛されているようにまさに勝連にとっては天(あま)から降り(わり)てきた人。それで、阿麻和利と呼ばれるようになったと言われています。
志魯・布里の乱後、首里城が焼け、尚泰久王が即位。
泰久王が即位した後に、長女百度踏揚(当時美女と言われていた)を嫁に。座喜味城主だった護佐丸を中城に呼び、城を造らせ阿麻和利対策をしていたとも言われています。
それほど、阿麻和利の力が脅威だったんでしょう。
阿麻和利独自でも海外貿易を行っていた節もあり、勝連は琉球の鎌倉だとまで言われていたらしいのですが。でも、このときが絶頂期だったと思われます。

護佐丸・阿麻和利の乱(1458年)
簡単に説明すると、阿麻和利が護佐丸に謀反の兆候がありと首里に知らせました。首里は兵を派遣し、視察。中城城の兵は、阿麻和利対策に訓練を行っていたのですが、運悪く首里兵が勘違いしてしまい、謀反は本当だと王に知らせます。
王は、阿麻和利を総大将にし、百度踏揚の付き人(・・・ってか、付き人で男って・・・)鬼大城を副将にし、月見の宴の頃、中城城を攻めます。
そのときに、中城城の護佐丸は「三つ巴(首里軍)に兵を向けることはできない」と言い、自害したそうです。
この話は玉城朝薫の「二童敵討」という組踊りで有名ドコロなんですがね(笑)
さて、護佐丸を倒した阿麻和利は、首里への出兵に向け準備の最中に
妻・百度踏揚と付き人鬼大城に気付かれ、勝連を脱出、首里に急報。
ここで、首里に行く際に途中で阿麻和利に気付かれ、追われたという話しもあります。そして、首里王府についても、王が娘が夫意外の他の男とこんな夜遅くに来るなんて・・!!と激怒。百度踏揚の弟・八幡(後の尚徳王)に諭されるまで入れなかったという話もあります。

・・・・なんか、王府が攻められるかも知れないって時に不思議にのんびりしているような気がしますけどねぇ・・・。

さて、同年、そのまま首里王府が兵を挙げ、付き人・鬼大城を総大将として攻め入りました。
そのときに、なかなか落ちなかったらしく、鬼大城が女装(鬼って武芸の優れているとかそういう意味なんですが、その言葉通り、身体がすっごいでかくてごつくて、黒かったそうです・・・。やだよ。そんなのの女装)し、阿麻和利を討ったとも伝えられて居るんですが・・・。・・・・何故か、阿麻和利の墓は読谷村にあるんですよねー。不思議と、読谷村は護佐丸の座喜味城がある村です。皮肉なもんを感じるんですがねぇ。
それから、百度踏揚は鬼大城と結婚。(・・・ってか、泰久が王になるまえから、この2人は恋人同士だったんじゃないかってウワサもあったそうです・・・・)

しかし、金丸(尚円王)のクーデターの際に、旧政府の役者、鬼大城は知花城で王府軍に攻められ自害しています。百度踏揚はそれからひっそりと暮らしていたようですが、若くして亡くなっています。

なんていうか、まだまだ謎だらけな感じですよねー。古琉球。
個人的に志魯・布里の乱が気になります。・・・そのときに金丸(尚円王)も首里に居たっていうのが特に気になるんですよねー。
個人的には、尚思達に仕えた時点(最初は越来で泰久に仕えていたのだけど、思達が王位を継いだとき、泰久が金丸を首里に出した)で金丸の中には第二尚氏の構想があったんじゃないかなぁって思って居るんですが・・・・。・・・・すっごい偏見的ですよねぇ・・・。でも、頭良いからそこまで考えて行動してそうなんですよねー。金丸って(偏見)


吉屋ちるー(1650~1668/記念碑によれば)
沖縄の女流歌人です。結構、有名なんですよねぇ。20首余りくらいしか唄を残していないのに・・・!
彼女につきまとうイメージは、彼女の人生からか「薄幸」
でも、美人で頭が良かったのです。多くの首里士族がメロメロになったくらいですから。
彼女が歌う琉歌(8.8.8.6形式の和歌みたいなもの。でも、この琉歌って全部三味線に乗せて歌うことができるんですよ/笑)は抒情的なのが多いのが特徴的。

1650年にムラオサの娘として生まれて、父親が借金の連帯保証人になり、ちるー(鶴)は8つの時に那覇の遊郭へ売られました。そのときに歌ったのが「恨む比謝橋や」という歌。
8つの時に歌い上げたとしたら見事ですよねー。
今ではその橋に記念碑が建っています。
この橋の近くの民俗資料館には結構詳しい資料が残っているそうですが・・・・(・・・今も残っているかどうか/ヲィ)
さて、遊郭に売り飛ばされた彼女はある青年士族(お客さん)と恋に落ちます。しかし、身分違いのかなわぬ恋を嘆き、19のとき、自ら食を断ち自殺をしたといいます。
数え年(生まれたときを1歳として、新年がくれば1つ年取る)19なら、今なら18、17くらいじゃないかなぁと思うんですが・・・。
ちなみに「吉屋」っていうのは、遊郭の名前だそうです。
だから、「吉屋」のちるーってなるわけですよね。
っていうか、本当にこの人、「薄幸」な感じしかイメージが無いんですが・・・(汗)


女流歌人っていったら、恩納ナビーも有名ですが、彼女は1700年代の女流歌人です。恩納村の農民の娘。おおらかで、たくましい琉歌が多いです。有名なのが「恩納岳あがた」という歌。この森を押しのけて愛しいあの人に会いたい!!ってな歌なんですが。他にも恋のためにおおらかかつスケールの大きい歌が特徴的。っていうか、見事にちるーと対照的。明るくて、おおらかで、ハイビスカスとか似合いそうな村娘。沖縄のおばあの娘バージョンみたいな感じだと思います。

どっちの歌人も沖縄に強く影響していますよね。
っていうか、個人的に昼(ナビー)と夜(チルー)のイメージ・・・(ヲィ)

現在試行錯誤中。(デザイン/まだ、一週間くらいなのに・・・)
好みだなぁ。って思うのはバンバン変えていくと思うので、よろしく!(ぇ

今日は、人多かったです。
・・・・なんか、朝から私立の幼稚園がやってきました。
・・・ていうか、ほんとイイコばっかりなんですよ!!私立の子って!!騒がないし!先生がちょっと「はーい、片付けしてください」って言ったらぱっと片付けだすし!!すごい光景でした。
・・・・幼稚園公立だったんで、その違いにちょっと唖然。・・・そうだよなぁ、幼稚園と公民館近かったけど、公民館の図書館なんて行ったこと無いよ(多分)
幼稚園の図書館がすっごい五月蠅かったの覚えていますよ!(笑)でも、ぎゃいぎゃいやって楽しかった・・・(幼稚園の記憶)
で、その私立幼稚園の先生。紙芝居がすっごい面白いんですよ。さすがに、作業しながらなんで、見てはいませんけど、声だけ聞いてホント面白かった。見たらもっと面白いんだろうなぁって感じでした。
そして、園児が可愛いのよ。また。読み終わったら、「おしまい!ありがとうございましたー!」って声そろえて言うんですよ?
・・・すっごい、しつけられている・・・!
一時間そこらで退却してしまったんですがね。・・・それから後もぼちぼち人が来たり、出たりで、必ずこの部屋にはちびっ子が居るというような感じでした。
・・・・っていうか、あと4分の1なんですよ!!仕事!今日で終わらせるつもりだったのに・・・!!(苦笑)甘くみていました・・・!
明日が最終日なんで、がんばって仕事終わらせてきたいと思います・・・!!(・・なんか、インターンシップの目的とはずれているような・・・・)

夢にも思わない

著:宮部みゆき

時代は現代。携帯が、中高生に普及するちょっと前くらい・・・かな(笑)
場所は日本。
今夜は眠れない」の2人組の話、らしいです・・・(まだ、今夜は眠れないは読んだことがない・・・)
なかなかイイカンジでしたが、やっぱり前のを読んだらちょっと感想は変わってくるのかなぁ・・・。
やっぱり、宮部みゆきは現代の話がいいよ!!中学生コンビもいい味だしていたし。この人の書く刑事さんはかなり好きです。おやっさんって感じで(笑)
個人的評価:★★★★☆

20050726173005
正式に言えば別に恨みがあるのは川じゃなくてこの川にかかっている橋のコトなんですがね(笑)
インターンシップ先でこの川があって「恨む~~や」っていう琉歌があることで有名なんですが、しばらくみないうちに記念碑みたいのが建っていました。いやいや恨まれているんだっつーの(汗)
この琉歌を作ったのは結構有名な女流歌人でバスターミナルに彼女の記念碑があったのはさすがに驚きました。
中学校の時に職場体験先が民俗資料館で学芸員の方がこの女流歌人の説明をしてくださったので覚えていることを少し書きます。
この女流歌人の父は村オサで村民の借金の連帯保証人になり、金を借りてた村民が逃げかわりに借金を払うことになった彼はまだ8つだった娘(女流歌人)を遊女屋に売り、20にも満たないうら若き乙女の時に王朝に勤める青年(店の客)と恋に落ち、結ばれることのない恋を嘆き自ら食事を絶ちつらい自殺だったと言われています。彼女が作った歌は20首余りで叙情的な歌が特徴です。
もうちょっときちんと調べて歴史にまとめますね(苦笑)

明日から、インターンシップでドキドキですよ(笑)いや、一度体験したことあるけど・・・。・・・・軽く4年前くらいですしね。・・・・そういや、中学何年だったけ?確か、2年?(・・・修学旅行があったから違う・・・かも・・・)
それにしても、私服で来てください。って・・・えぇ?!私服で来ていいんですか?!てっきり、制服なんだと・・・。てなわけで、明日から三日間。私服は何が良いかで迷うことになります。ジーパン一着しか持ってないような・・・。・・・あと一着、どこにしまったんだろう・・。
っていうか、AO前なのにそんなインターンシップなんてやっていいのかなぁ・・・。選んだ日にちが悪いといっちゃ、そうなんですが・・・。・・・・大変だ(苦笑)

言わずと知れたスティーブン・キングの小説なんですが。
映画が見たいような、見たくないような。なまじ好きな小説なんで、世界観が壊されるのも嫌だし・・・(苦笑)
男前のクリスが大好きです・・・!!
金城一紀さんの「レボリューション No.3」のヒロシもそんな感じだよなぁ、って書いてて思い出しました。
ヒロシ大好きv板良敷って苗字なんですが、隣のクラスに「板良敷」って苗字がいるしな・・・!!(苦笑/ヒロシとはイメージがほど遠いような・・・/ヲィ)・・・っていうか、ヒロシっていうのも誰かのあだ名みたいだし・・・・。・・・・なんて、語弊がありまくりなんだ。板良敷ヒロシ。
脱線しましたが、「スタンド・バイ・ミー」の意味って日本語訳すると「俺を支えてくれ」みたいな感じなんですよね?うーん、全体的にそんな感じだよなぁ・・・。クリスとゴーディって。
「俺を支えてくれ」みたいな意味合いなら武者小路実篤の「友情」もそんな感じだったよなぁ。 後 半 以 外 は 。
主人公が相当可哀想になったなぁ・・・。あれ。ヒロインと親友に見捨てられて。別に、いいんですよ?親友とヒロインがくっつくのって(ヒロインは主人公以外の人とくっつのが結構好きだし/ランスロットといい、ベジータといい・・・)。けど、あのやり方はまずいでしょ?!みたいな・・・(苦笑)あれ以外だったら、きっと気に入ったと思うんだけどなぁ。あの作品。・・・・不思議だ・・・。一緒に入っていた愛と死はヒロインが相当可愛らしくて好き!友情を読んだ後だったからか、夏ちゃんが可愛いんだよー!!ヒロインのかわいらしさは今のところ、夏ちゃんが一番です!カッコイイヒロインは結構いるんだけどね。可愛らしいヒロインっていうのは、やっぱり夏ちゃんかなぁ。・・・・それで、今のところ一番嫌いなヒロインは、「友情」のヒロイン。・・・なんだ、おまえ。って感じで、どうしようもなく・・・!他に書き方が無かったのか?!おまえ!!みたいな・・・・。
結構濃い人生味わっているなぁ。っていうのは、百度踏揚なんですけどね(苦笑/歴史人物かよ)
だって、スゴイですよ?
政略結婚で飛ばされ、その政略結婚先の相手が、祖父を殺して、首里に謀反されそうだから、逃げよう。と幼なじみにおぶわれ、首里へ逃走。幼なじみが政略結婚先の相手を殺して、幼なじみとゴールイン。したかと思えば、今度は政府は幼なじみに目つけられ、幼い子供抱えて逃走。若くして亡くなったようです。
結構濃い人生だと思うけどなぁ・・・。

ラッキー!

著: 中井俊已 /かたぎりもとこ

自己啓発本・・・かな?4コマと文章がついた感じで、「キッパリ!」のように読みやすいです。(これも好きv)
習慣が主。こういう本ってたまに見直すと、結構自己の見直しができるからいいんですよね。
っていうか、よかったよ・・・!!・・・んー。お金のある人だったら、「きっぱり!」「しろのあお」「ラッキー!」の3冊欲しいなぁ・・・(笑)落ち込んだ時とか読むと、がんばろー!って思えてくるし(笑)
しかし・・、女の子っていったいいくつからいくつまでなんだろ?(笑)

八犬伝のドラマ。
ネット漁ったら、結構、反応があって、嬉しいです。よかったー、そこまでマイナー作品じゃないのね・・・!!(笑)
っていうか、今から信乃を抜かした七犬士と浜路決めるってどういうことさ・・・(苦笑)
是非とも、浜路と道節は兄妹みたいな感じで・・・!!(何を主張してるんですか)毛野さんは、やっぱり美形がいいなぁ。美少女顔の少年っているのかなぁ・・・?・・・・無難に女の方が演じて欲しいなぁ・・なんて(笑)小文吾はジャニ系じゃないだろうなぁ(笑)あと、荘助も短足な人を希望・・・!(わがまま)
っていうか、キャスト見て思ったんですが、武田さんってもしかしてゝ大役・・・?
5時間かー・・・。まとめられるのかなぁ・・・(・・・)
でも、うん、絶対見る。うん、受験その前に終わらしておこう・・・(・・・ヲィ)
そういえば、今秋に金田一少年がまたやるみたいですね・・・!!これもドラマで・・・!!亀梨って、ごくせんの人?(・・・だよねぇ?)
・・・・ん、金田一より今度こそ、明智さんが出るかどうかだ・・・!!(スペシャル番組つぅに・・/っていうか、連ドラ決定でしょ?/多分)

人間の行動原理は嫉妬である、みたいなことを細川重賢が言っていたらしいので、なんかこの人すげぇって思いました。
かっこえぇよ。細川重賢。財政を立て直した彼の手腕に惚れ惚れなんですけどねー。じり貧暮らしから、財政を立て直し、学校を作る手腕。すっごい素敵。
大名で一番好きな大名は誰かって言えば、この細川重賢がトップ。
僅差で、大谷吉継。そして、次に森長可。別名、鬼武蔵。家族思いの鬼武蔵。家族思いってなんか好き。
大名じゃなくて、サムライで言えば、橋本左内も好き。坂本竜馬はもちろんなんですがね。陸奥宗光もお気にです。
なんで、歴史ってカッコイイ人が多いんだろう(笑)

沖縄版なら、阿麻和利・護佐丸も好き。マイナーながら鬼大城も結構好き(笑)尚巴志もさることながら、志魯・布里も興味あるなぁって思ったり・・・。・・・・・少ないんですけどね。資料が(苦笑)

最近のプチ疑問。有能がいいのか、人徳があるほうがいいのか。
まぁ、両方あった方がいいんですけどね。
個人的には、古典ばっかり読んでいたせいか、人徳じゃないかなぁ。って思ったり・・・。
・・・だって、石田三成とか、カワイソだよ!(苦笑)
大谷が居たからまだよかったものの・・・・。大谷がいなけりゃ、ただ死んだ秀吉に忠義を尽くした武将ってことで終わってただろうなぁ・・・って。(・・っていうか、まんま?)

源氏物語 巻九

著:紫式部
訳:瀬戸内寂聴

時代は平安時代。場所は日本。京都(・・・かな?/をぃ)
すでに、宇治十帖の入っているんですがね。
源氏の息子(と、世間では思われている)薫の君と、源氏の孫(明石の中宮の息子)匂の宮の2人の恋愛が主です。
早蕨・宿木・東屋の三編で、浮舟登場の結構重要な巻なんですが、名前はまだ出てないです。「姫君」ってなってて・・・。
んー・・・でも、次巻で終わりなんだよなぁ。瀬戸内源氏は。
個人的評価:★★★☆☆一つは☆半分!

あのころはフリードリヒがいた新版

著:ハンス・ペーター・リヒター

時代背景は、第二次世界大戦時中。場所はドイツ。
なんか、妹の教科書で一部載っていたから、見たことある人もいるかも・・!!まだ、ユダヤ人迫害が激化していないところから始まって、巻き込まれていく話です。
個人的に:★★★☆☆

爆笑八犬伝

まずは、これなんですけどねぇー。最初にUPするのがこれでどうよ。って話です(・・・自分でもわかってるんですが・・・)
平たく言えば、導入本みたいな。ダイジェスト版みたいな感じです。・・・なんかすごく古いんですが・・・。
・・・でも、面白かったですよー。ツッコミ所が!
イラストも結構好みだなぁ・・・。
・・・新春特別ドラマやるんだから、もうちょっとくらい人気になってくれたって・・・!!(願望)

20050721180907
携帯からテスト
画像は結構前に行った座喜味城です!

初BLOGで、もう何がなんやら・・・(ヲィ)
正直に言って、ブームに乗ってみたかったんです・・・!!(素直)最近、多いじゃないですか?(周りで)前から、ポツポツあったことはあったんですけど、ほら、ちょこっと様子見で。そしたら、便利そうーだなぁ。って思って・・・。
ほら、読書記録とか(・・・)
てなわけで、読書記録やらを入れつつ、日記になると思います。

サイト名「好日コンシダー」
管理者「菊の助」

っていうか、好日ってあたりに前サイトの名残が残っていますねぇ・・(苦笑)


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2005 好日コンシダー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。