上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ、オンエアまでそろそろかと思うとすごい楽しみです!宣伝用にいろんな番組出るしねぇ(笑)
そういや、「ずばり言うわよ」に出ていましたね!・・・見ましたさ。えぇ。(・・・)
それにしても、やっぱり八犬伝ってマイナーなのかなぁ・・・。
細木さんが「滝沢馬琴(ばきん)」を「ばこん」って読んでいたのが素でショックでした・・・・。え・・・おねがい!沖縄なら関わりが無かったっていうのはともかく、本土はほとんど関わりあるじゃん・・・!!(すいません、思っていた以上に本土を理想化しているらしです・・・/有名古典はあらすじ・作品名・作者名は本土では一般常識!って思っている節があるよ。この女・・・)

今回出ていたのは若い5人でしたが、結構年長組(・・・つぅか、荘助は年長組に入ると思うんだけど・・・)も好きなんで、メディアにでないかなぁって思って居るんですけどねぇ・・・。どうなんだろう・・・。
っていうか、こういうメディア見てから自分の中で小説での八犬士イメージを変えていってるんですが・・・。
今のところ、割り切れているのはタッキー・山田優・昭英・勝地・山下です。っていうか、山下くんの歳聞いてびびったよ・・・。もうちょっと大人っぽくなってもいいと思うんだ・・(苦笑)
未だにこの人だけは・・・!!って思うのが、道節役の人です・・(遠い目)ごめん。なんか、「浜路の兄」「変な人(・・・多分、肩に微妙にな拳があったり、死ぬ間際の妹にとくとく自分の忍術の話ばっかりするからそういうイメージなんだと思う・・)」「青ヒゲ」ってイメージだから・・・(・・・)
ちょ、まっ!青ヒゲって聞いて引かないでっ!!だって、書いてあるんだよ!どんだけ主張されているから!青ヒゲ!!青ヒゲの男として登場して居るんだから・・・!!(・・・)
だから、道節は青ヒゲは必須だろうとか思って居るんですけど。あぁーきっと馴染まないんだろうなぁ・・・(嫌な客だ)

ドラマの話に戻るんですが。
前編は小文吾登場で終わるとして(古那屋騒動は親兵衛も房八も出てこないしな・・・!あれはカットでいいと思うよ。複雑だし!大正解だ!)後編は、荒芽山からかな・・・?(っていうか、刑場襲撃はするのかな・・・?)
で。気になるのは、船虫の処置(・・・いや、だって殺され方がえぐいんだよ・・・・。ドラマでは殺さないと思うけど、毛野とか大桷とか小文吾あたりからは皮肉の1つや2つは言われればいいと思う)と、対牛楼の後。対牛楼の後もまた、複雑だしねぇ・・・。きっと、あっさり仲間になっちゃうんだろうな・・・!あぁ、でも荘助対毛野の闘いも見たい・・・(・・・)
対牛楼にしぼって言えば、女田楽は室町風なのか江戸風なのかも結構気になる・・・!(・・・)だってぇー。原作じゃ江戸風(女の格好してかんざしさして踊る)だけど、歴史に忠実になったら室町風(男の格好して髪下ろして踊る。平安貴族の直衣のような格好だったはず)なんですよねぇ・・・。歴史に関して言えば、室町時代は鉄砲なんてなかったはずなんですけど・・・!(物語の根本から崩れる・・)

あぁー・・・。なんか、画面の向こうですっごい引かれているのが見える・・・(・・・)や、なんか。素で語っちゃうとどん引きされるんでできるだけ語らないようにしているんですけど・・・。語りすぎて、みすみす語れる相手もドン引きさせてどうするんだよ?!って事態を巻き起こしているから・・・(・・・つぅか、三国志は想定外だった・・・。良い訳を探している途中で(2冊は読んだ)「三国志読もうと思っている」って言ったら、「~~の訳はこうで、~~の訳はこうだったよ」って言うに決まってるじゃないか・・・)人をドン引きさせるの得意ですね・・・。空気を読めっつぅ話です・・・!いつも、言って後に後悔するんだぜ!

お正月が楽しみです☆
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 好日コンシダー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。