上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四つの署名

著:コナン=ドイル
訳:中上 守

ホームズ全集から読んでいるから訳者が違うのって当たり前なんでしょうかねぇ・・・?
時代は19世紀。場所はイギリス・ロンドン。
ホームズシリーズで有名な話だと思うんですが・・・。
時間軸から言ったら「緋色の研究」を出版してあとみたいな感じですよね。ホームズに批判くらっているわけだし。っていうか、前回の「緋色の研究」で文学知識がほとんど無しだったようですが・・・。・・・ゲーテは文学に入らないんで・・・?(ドキドキ)
それにしてもイギリス人。フランスのことわざ大好きだよなぁ(笑)
個人的評価:★★★☆☆一つは☆半分
冒険ミステリはそんなに好きじゃないんだ・・(ヲィ)

ネタバレ感想
最初、ホームズのコカインにすごく驚いた覚えがあります。
コカイン・モルヒネ。ワトスン止めろよ!とか思ったんですが、止めたら反論くらうのね・・・(苦笑)
それにしても、どうだろ?あのころはコカインとかの副作用についてはあまり問題視されてなかったのかな・・・?
ワトスンがメアリが結婚するまでの話。
昔読んだときは、「・・・結婚しちゃえば、ホームズの助手できないんじゃ・・・?」って心配した記憶があります。(・・・どんだけ昔だ)
それにしても、あんまり出てこないよあなぁ。メアリ。
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 好日コンシダー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。