上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説渋沢栄一

著:童門冬二

時代。江戸、幕末。ちょっぴり明治。(・・ちょっぴり?)場所は当然日本。
・・・小説って銘打ちされているけど小説じゃないのが童門さんだと思っています。寧ろ全然平気(・・・)
なんだか、小説というよりも作者の推考みたいな気がするけど、そこが童門さんだと思っています。
国立銀行創立者ってことで、気になってはいたんですが、「慶喜」の側でちゃっかりブレーンまがいなことをやっているなんて気付かなかった・・・(っていうか、江戸幕府に関わっていたなんて・・・)
っていうか、周りでは何故か前島密(郵便の人)の人気が高いです。・・・具体的にどんな人物か知らないんですけどね。
個人的評価:★★★★☆

スポンサーサイト



・・・ですよね、この本。
ねぇさんが、キラッキラと目を輝かせてあたしに見せていた(笑)


童門さんが書いていたことと、この渋沢さんが好きだったのとで興奮していたんでしたっけ?(なんか違う気もする)

結構評価高いですね、やっぱ童門さんだからですかw(なんだそりゃ)


ところで、気づいたんですが。
ネェさんが紹介してきた本の中で、まだ五つ星出てないですね。
なんていうか、・・・・・そこがネェさんらしいんですけどね(笑)
【2005/08/10 20:00】 URL | 朱音 #mQop/nM.[ 編集]
童門さんの書いたのが好きで、渋沢さんは前から気になっていた人物だったからさー(笑)
評価が高いのは読みやすかったから(・・・ヲィ)
この人の文章、すっごく読みやすいんですよ!
なんで、この人はここを重視したのかーみたいな感じで、小説っていうより、本当にハウツー本みたいな・・・(笑)
五つ星はなんとなく、評価しづらいです・・・(ヲィ)
八犬伝すら、4.5かもしれん・・・(ヲィ)
今のところ、「9マイルは遠すぎる」と「パーカー・パイン登場」は限りなく5に近いです(笑)
【2005/08/10 21:23】 URL | 菊の助 #NL852uQM[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 好日コンシダー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。