上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉に行って参りました。
行く10日前くらいに急遽決定。っていうか、おまえ、他人巻き込むんだから、急すぎるにも程があるぜ・・・!的な、ね!いや、ホント。快く同行していただいてありがとうございました。
「旅行行くって知らなかったよー!」っていうのは、こんなに急に決定してあたふたと準備していたからでございます。・・・・っていうか、決定して二、三日後は渡嘉敷に居たしな・・!連絡できなかったんよ・・!(苦笑)
旅行目的としては、友人(二人)に会いに行くこと+館山に行くこととかなり個人趣味に偏った旅行だったんですけど(・・・)それなのに快く同行していただいてありがとうございます。次は、京都か愛知(長久手)か東京(赤坂・市ヶ谷・永田・雑司ヶ谷・大塚・練馬・石浜)に行きたい(個人的趣味)
そういうわけで、初日からばたばたとした感じで初保護者無しの旅行でございました。
初日から同行者の朱音さんに頼りっきりで、朱音さんの那覇家に車で行き、それからモノレールで空港へ。キャディバッグをがらんごろん言わせながらモノレール駅まで向かったんですけど、9月ってまだ夏なのね・・!って実感するほど暑ぅございました。途中二度ほどタクシーからのお誘いをはねのけ、事前に葉月から訊いた寒さにおののき用意したコートを手持ちバッグに入れがらんごろんと、空港へ。
この時点ですでにテンションが高くてかなり煩わしかったかと思います。っていうか、もう、冒険!って感じでマジ楽しいのですよ。もぅ、見る風景一つ一つにツッコミを入れたくなるっていうか・・・!とりあえず、私だけ空港に荷物を預け(この辺で収容能力の下手さ具合が伺えます)スムーズすぎるほどあっさりと飛行機に搭乗。とりあえず、飛行機を待っている間朱音さんと「本か何かもってこればよかったねー」と話しつつ、さらば沖縄と。
飛行機で、落語を聞いたんですが、どうも好きじゃなく途中からJPOPへシフト。ちょ、かなり珍しいんですよ・・!普段なら落語ーとくすくす笑っているのに!
で、機内サービスのコンソメを2つほど頂き、東京・羽田に到着。
とにかく、事前印刷して置いた駅への行き方、乗り換え駅の名前なんぞ見つつ、モノレールへ。
モノレール駅から、普通路線に移動したんですが、もうそこからいろいろと違いました。
何があったんですか?っていうくらい、黒いスーツを着たサラリーマンの大群がだだーっと階段を(文字通り)駆け下り、電車へ。
呆気にとられつつ、とりあえず乗らなきゃあかん!と乗って、下りて。次どうやって行けばわからずに駅のインフォで行き方を聞き、不足分はあとで支払えばいいですよ。と言葉を聞いておっかなびっくりで電車に揺られておりました。っていうか、四時ちょいすぎだっていうのに、大量のサラリーマンとちらほら見える制服は何だろうと。
なんか、うん。とにかく、サラリーマンが居た。えぇ、企業戦士って居るんだなぁと実感した。沖縄のサラリーマンとすべてが違ったような気がします。・・・・沖縄の人がはげないとかいうのわかる気がする・・・。
そして、高校生(と思われる)。みんな指定なんですねー。上から下じろじろと観察していたんですが(・・・)制服はもちろん、靴下・靴・鞄・ベストが一緒でおののきました。それが普通らしく、みんなそんな感じ。ちょいと悪だぜ、的な男子高校生(と思われる)も、きっちりそんな感じでした。でも、ズボンにシャツ入れて、はだけさせるのはいただけないと思うよ・・・!下から何もつけてないしな・・・!っていうか、超寒いと思ったけど、寒くなかったんでしょうか・・・!?
コートの偉大さを実感するほど寒かったです。でも、周り皆半袖。
・・・・あれぇ。寒くないの・・・?とおののきつつ、小雨降る中、千葉のホテルへ。都心部らしく、無料バスが運行していたんですが、よくわからなかったので、がらんごろんとキャディバッグを引っ張り徒歩でホテルへ。
急いでチェックインして、葉月が待っている駅へ急ぎおみやげをひっさげいざ茂原へ。
不足しても大丈夫、って妙な安心を得て、乗り換え駅までのチケットしか買わずさっさと乗り込む自分たちの成長に笑っていました。そういえば、電車から見える光景として墓があったんですけど、卒塔婆がずらーっと突き刺さって本当に怖かったです。肝試しってあぁいうところでやるんですね・・・!的な。
葉月と合流してから、駅前のジャスコのファミレスで夕飯を食べ、近況報告。その後食品館に下りていき物色。・・・いや、名産とかあったら買ってみたいなぁって思って・・・。「すあま」とか「寒天飴」とか「夕張バター飴」とか面白そうな菓子類を購入して、駅の店をぐるっと周り、駅でだいぶしゃべっておりました。カルチャーショックとしては、普通にしまっているお店が多かったことと、あんなに大量にいたサラリーマンが消えていることでした。
・・・・なんか、沖縄と生活リズムが違うらしく、むこうの方は仕事が終わってから、遊びに行かないんですねぇ・・・(洋服見に行ったりとか、ノンアルコールの店がほとんどしまっていた)
駅で白い息が出たー!!とはしゃぎつつ夜の10時くらいにホテルに帰宅。
さーっと風呂に入ったり、明日の支度をしつつ就寝。こうやって怒濤の一日目がさーっと過ぎていき。
二日目は寝坊しました。しかも二人そろって寝坊だぜ!おまえら、どんだけはしゃいでたんだって話です。あれぇー。目覚ましセットしたのになぁ・・・!(気づかなかった)
とりあえず、ホテルは朝食付きなんで、下のレストランでバイキングを堪能。
卵焼きが甘いと聞いた時点で、早々に和食をあきらめ洋食のメニューで朝食を取っておりました。パイがおいしかったです・・・!
で。
昨日以上に寒くなるとTVニュースで言っていたので、防寒着を買わなきゃ・・・!と、近くの店(新都心以上にでかい専門店街)に。
・・・でも、10時から開くらしく、30分くらいぶらぶら。しまっている店を見て、マックに入ったりしておりました。っていうか、朝食を食べたばかりというのに元気だな・・!
で、無事朱音が防寒着を購入し、本屋で(これから二時間以上電車に乗るため、暇つぶしのための)本を購入。
そのあと、駅に行こう!となったんですけど、本気で店の中で迷いました(恥)
だって、広かったんだもん・・・!!っていうか、わけわかんないんだよ・・・!パン屋がたくさん集まっている売り場があって、これ幸いとばかりにいろんなパンを購入。壁に何かいろいろ書いてありましたが、「江川太郎左衛門」にすべてもってかれたよ・・・!!まさか、千葉であの眼を見るとは思っておりませんでした。思わず写メって神楽さんに送りつけ。
急いで駅に向かい、館山へ。
館山に向かうにつれてだんだんと駅の簡素化に不安を覚えつつ、木更津に着くと、「♪ショ、ショ、ショウジョウジ♪」が流れ、大多喜に祭があるんだなぁと感心しつつ、電車の席が空いたら「開いたよー」と言っている間に埋まっており、電車社会の競争原理をかいま見た気がいたしました。っていうか、「開いたよー」とか言っている時点でダメダメだと思う。
そんな感じで、がたんごとんと揺られ館山。
とにかく、博物館な!と、交番に寄り(交番に三人警察官が正面に座っていた!)丁寧に教えてもらったあとに、バスに乗り込み、バスで地元の方とささやかな交流を。・・・ってか、やっぱり私たちはいろいろと不思議に見えていたらしいです。なんでこんなに寒そうな格好しているの・・・?ってな感じだったらしいです。・・・・っていうか、寒くないのかよ・・・・。
博物館前の公園につき、館山城に感動しつつ案内図を見ていると、ここでも地元の方とささやかな交流を。
・・・・なんだか、私たちはすごく純粋で、冬に来るような格好していたように見えたらしいです。
「寒くないんですか?」とか聞いたら「え、涼しいよ?」と返ってきました。・・・・あっれー・・・?
到着が3時すぎていたんで、「あと少ししか見られないじゃん!」と結構早足でぐるーっと。里見家(史実)を調べたらもう少し楽しめただろうなぁとちょっと後悔。博物館別館(館山城)が、里見八犬伝のためのスペースだったんで、それだけですでにウハウハだったんですが(自分だけ)、とりあえず、本館も見よう!と地元の方と三人で本館を探しましたが、わからねぇ・・!と三人して途方に暮れておりました。っていうか、最初の時点でいろいろと通り過ぎていたっぽい。歩いていた沖縄に居なさそうな上品なおばさまに声をかけ、やっとこさ着き。残りあと30分くらいじゃん・・?とやっぱり急ぎ足で見ていました。本館は、千葉の暮らしとかそんな感じの。うちの町にも民俗資料館とかあるんですが、やっぱりいろいろと違っていましたねぇ・・・。これが本土との差かーと近くにあったプリント資料を片っ端からもらっていました(待てや)
そういや、私は少し訛っているらしかったです・・・!訛ってないとは思ってなかったけどさ!朱音は訛ってないらしい!都会との差を実感しました。
で、またもや人と会う約束をしていたので、急いで稲毛へ向かい。時間配分を間違え、一時間近くその方を待たせちゃったのは申し訳なかったなぁ・・・。
しっかし、変わってましたねぇ・・・!なんか、就職なされただけあって、垢抜けてたし、話し方も変わっていました。いや・・・、他人の成長は早いなぁって・・・(ヲィ)
その後、予想通り店しまってるよ・・・!と街中を通り過ぎ、沖縄には無いコンビニでお菓子やらおでんを買い、ホテルへ。
こうやって二日目もだーっと通り過ぎ、三日目こそは!と意気込みましたが寝坊。
ホント、学習能力って無いよね・・・!(ってか、今度寝坊したのは私だけだったしな・・・!)
急いでチェックアウトの用意をしてから、レストランで最後の朝食。やっぱり洋食で満足してから、早々とチェックアウト。
駅まで無料バスが運行していたので、それに乗り込み船橋へ。
船橋ではもっぱら私鉄。まず大神宮に行って、神社の雰囲気に二人して感動していたり。っていうか、鳩!鳩が雨宿りして何事かっていうくらいに多いしかわいかったvvふわふわきょろきょろだったよ・・・!
で。朱音がお守りなんぞ買っている間に銀杏の木に感動。本当にあれ、あんな葉の形で、なっているんですね・・・!その銀杏を通り過ぎれば、小さな祠(?)のようなものがあって、お稲荷さん発見。初めてお稲荷なんぞ見たんで、驚きました。で、お賽銭あげて、がらんごろんと来た道を戻りケーキ屋へ!どうやら、有名な感じのお店らしく洒落た雰囲気のしっとりしたお店でした。最初はケーキにしようかと悩んでいましたが、小分けした洋菓子が目にとまり片っ端から買ってみる始末。沖縄にいたら絶対やってないよね・・・!(笑)しっかし、高いだけあってマジおいしかったですvv初マカロン・・・!さっくりふわふわしておりましたvv
それから、羽田に向かったんですが、東京駅から浜松町にどうやっていけばいいのか迷。とりあえず、迷ったときはインフォだ!とインフォへ。
私「すいません、浜松までどうやっていけばいいですか?」
インフォ「浜松でしたら、○番線から、熱海に向かって・・・(説明)」
熱海・・?!んなところから来ましたっけ・・・?
私「あ、すいません!じゃあ、羽田までどうやっていけばいいですか?」
インフォ「羽田・・・。あぁ!浜松町!浜松町は■番線に乗って(説明)」
と、プチ騒動(というわけでもない)。こういうお上りさんは多いんだろうなぁ・・・。町をつけるかつけないかで大違い。っていうか、熱海・・・・!
無事羽田に向かう前に、腹ごしらえだ!と駅の食品街で立ち食いそばを食し、モノレールに乗り、羽田へ。
やっぱり少し早かったのねーと、荷物をロッカーに預け羽田見物。
おみやげを沢山見て回り、ほくほくでチェックインを済ませ飛行機を待っていたんですが、その一つ前がどうやら欠便で、うちの便が5分遅れ。台風の影響なんですが、帰れなくなるよりはマシだと、飛行機に乗り込み、やけに丁寧な機内サービスを甘受しつつ、落語で笑う、と!
テレビで見たことある落語が端折られてやってたんで、懐かしかったです。おぅおぅ、もっと師匠の思い出話あるだろうが・・・!と笑っていました(どっちにしろ笑う)
で、夜に沖縄に到着し、混んでいるモノレールに乗り、途中まで歩いてタクシーを拾い、朱音の家に着いてすぐ朱音運転で自宅へと戻って参りました。
あわただしい旅行でしたがメチャ楽しかったですよ・・・!




「キラキラ」(彼女 / aiko) 歌詞
ドラマの主題歌でしたっけ・・??個人的にaikoほど何かの主題歌にあわない歌手もそうそう居ないんじゃなかろうかと思うんですけど・・・(苦笑)いや、彼女は歌単品で魅せる印象が強いんよ・・・!
明るいんだけど程良くブラックーな面が見られる歌だと思います。
なんか、aikoらしいっていうか・・・!

スポンサーサイト



充実した記事だったよ~^^
あ、こっちに来てたんだ~
館山は僕も夏とか春とかに行くんですよ~☆
な~んだ、言ってくれれば案内したのに~^^
な~んて^^

楽しい旅になって良かったね☆
【2006/09/26 18:37】 URL | TYDA #-[ 編集]
お久しぶりですvvコメントありがとうございます!Σってか、この記事長すぎて大変だったでしょう!?(汗)
超・個人的な旅行で観光もぽつぽつとしかできなかったんですが十分充実した旅行でしたv
Σおぅ!いいなぁ・・・!!本土って陸続きで電車があって気軽に足が運べるってステキですね!マジですか?(笑)先達者がいれば本当に心強いんですけど・・・!(笑)
【2006/09/26 20:41】 URL | 菊の助 #NL852uQM[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 好日コンシダー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。